神宮球場での桧山選手。

image

昨日の神宮球場。
宮本選手の引退試合ということで、いつもより一時間早い15時30分開門。
レフトスタンドよりもライトスタンドが先に埋まるという風景が広がっておりました。
ヤクルトファンにとっては宮本選手の引退試合ですが、
関東の阪神ファンにとっては今年の神宮最終戦であり、

神宮球場で桧山選手を見れる最後の試合でございます。

そのため、10回表に桧山選手が打席に立ったときは目頭が熱くなりましたね。
個人的な話をさせてもらえば、
忘れもしない97年の神宮球場、
筆者がまだ小学校5年生のときで、はじめて野球場に連れてってもらった試合。
タイガースは当時ヤクルトには全然勝てなかった時代にも関わらず13対12で勝った試合で、
『野球場に来たからにはホームランを生で見てみたい。』
と思っていたら、
桧山選手が逆転の満塁ホームランを打ってくれた。
初めて生で見たホームランが桧山選手の逆転満塁ホームラン。
阪神タイガースの世界にどっぷり浸かるきっかけには申し分ない出来事でした。
そして時は流れ2007年の神宮球場、
2対7で負けている場面で桧山選手が代打で出てきて、
見事な満塁ホームラン。
6対7でビハインドでありながら、
チームに勢いを呼んで勝利を掴んだあの試合。
この二つの満塁ホームランを神宮球場で、しかも生で見れたことを筆者は誇りに感じております。

そんな桧山選手が神宮球場を去る。

そう考えるとほんと込み上げてくるものがあります・・。
今までほんと素晴らしい感動を与えてくれてありがとうございました!
あなたが放つライトへの弾丸ライナーは一生忘れません。
こういうことを言っていいのかわかりませんが、
代打の切り札として活躍してからは、
『名前三唱』のコールをよくしてきました。
でも最後にあなたへ向かって、
『ホームラン、ホームラン桧山』コールを自分がメインに立っているときにやりたかった。
勝手な自己満足な話かもしれませんが、
これが筆者にとって心残りです。
今までほんとお疲れさまでした!

最後にもう一回、今まで感動を与えてくれてありがとうございました!

(今日行けなかったのがほんと辛かった・・。)

Comments are closed.