あのときはよかったのに・・。

こんばんは。
あれよあれよしている間に今度の浜スタまであと3日と迫ってまいりました。
わざわざ一週間も休養に専念したにも関わらず、先日かかった風邪がなかなか治らず。
浅い咳と戦いながら、筆者はお仕事とラッパの調整に取り組んでおります。
調整も六日目に突入し、ある程度の音は出るようになりましたが、やはり一週間も間隔を空けたのは痛かったのか、応援歌も130回ぐらいからはバテ気味に。
調子が良いときは180回近くまでいってもいい音が出るのに・・。
明日と明後日の調整で、少しでも長く浜スタでラッパが吹けるように取り組んで行きましょう。

さぁ、もう三週間近く前のお話になってしまいますが、東京ドーム三連戦のブログを早く更新しないといけませんね。
8月24日(金)より行われた東京ドーム三連戦。
とは言っても、第一戦目と第二戦目は完封された試合なのでそこは振り返らないとして・・。
東京ドーム第三戦目。

この日は飯田投手がプロ初先発という試合だったのですが、3回4失点とプロの厳しさと直面し、あとのピッチャーもピリッとせず、七回裏終了時には3対8という厳しいスコアに。
『今シーズン東京ドームで最後の公式戦だというのに・・』と実に気持ちが下矢印になりそうな試合展開だったのですが、
この後にすごいドラマが待っていましたね!
梅野選手のツーランに俊介&隼太選手のタイムリーで五点差をひっくり返す大逆転!
この八回表はモーリーがメインをやっていたのですが、決して諦めることなく何度も、
『まだまだ元気出して、かっとばせコール!』
と言っていたのがとても印象的でした。
多くは語らず、気持ちで声援を引き出す。
そのとき筆者はその横でラッパをやっていたんですが、少しずつ声援が大きくなっていくあの瞬間はうまく文章にすることはできませんが、すごく良い雰囲気でしたね。
そして、結果は見事な逆転劇。
割れんばかりの大歓声の中、モーリーは脚立を一回、ガシャンと鳴らしながら喜びを表していたのもまた印象的でございました(笑)
この勝利をきっかけにタイガースは快進撃を・・、
といきたかったんですけどね・・。
なかなか現実はうまくいきませぬ(泣)
しかし、このときの試合と同じように我々ファンは最後まで諦めることなく、タイガースを応援していきましょう!
以上、あのときの試合は2014年のCS並みに身体が震えていた筆者がお送りしました。
(またあんなふうにならねぇかなぁ〜。)

Comments are closed.