応援のスイッチ。

こんにちは。

東京ドーム二連戦が終わってまもなく一週間。

あれこれしていると来週にはCSが始まってしまいますね。

早くブログを更新していきましょう。

9月30日(土)に行われた東京ドーム第一戦目。

この日は一回表に上本選手が危険球を受け、巨人のピッチャー畠がわずか4球で降板したという試合。

上本選手は大事に至らなくてほんとよかったですが、あの危険球を受けたときの野球場の雰囲気はすごかったですね・・。

あのときは応援のスイッチが入っていたので上本選手の容態だけを気にしていましたが、

今あの場面を応援のスイッチを切れた状態で思い返してみると正直ゾクッとしてしまいます・・。

あれだけの怒号が鳴り響いている中で自分は冷静に判断をしながら応援ができるのか?

応援のスイッチが入っているときは試合に入り込んでいるんで、どうするかすぐに判断をしやすいんですが、

今みたいに仕事のスイッチが入り、応援のスイッチが切れている状況で急にあの場面に放り込まれたら正しい判断ができないかもしれない。

あと一週間もすればこの前とはまた違った緊張感が生まれるCSが始まるわけですが、

そこで混乱をすることが無いように、今は土手でラッパを吹いたり、野球や応援のことを考えながら応援のスイッチを少しずつ入れていかないといけませんね。

なんか変な内容になってしまいましたが、この応援生活をしていると一年のうちに何回かは「野球場へ行くのがなんか恐い」と感じるときがあるんですよ・・。

そんな恐怖心に打ち勝つためにも、改めて日々のメンテナンスは大事なんだなと感じた本日のブログでございました。

(明日は少年野球がたくさんいるけれども、土手でしっかりラッパの練習をしよう!)

Comments are closed.